previous arrow
next arrow
Slider

神社

サンマリノの中心に神社 ?

ティターノ山の丘陵の間に、日本の典型的な自然の景色は想像しにくいでしょう。

しかし、そう思われた方は驚かれると思います。

セラヴァッレ: Podere Lesignano農場. 訪問客は、石畳の通りのふもとに車を駐車し、山の頂上に向かって登ることができます。

数メートル歩くと、神聖なエリアの最初の具体的な標識があります:鳥居は、神社への 神聖で伝統的な玄関。

2本の垂直と2本の水平の平行な柱、これらは鳥居を作成するために古代に使用された樹の幹を象徴します。

 

小さな湖の端に着く前、鳥居をくぐると、すでにそこは神道の霊的次元への入り口です。

 

この非常に独特な種類の霊性(しばしば誤って宗教に分類される)は、その創造原則と 自然との調和を保っています。自然そのものは聖域であり、入り口はこれから新たな視点で自分自身を見始める人のための通路です。

葉に吹く風、虫の音、自分の足音の音は、手水舎(水の源)に着くまであなたと同行します。

水が満ちて空にする度に、リズミカルに叩く竹は場所の沈黙を破ります。柄杓で手と口を漱ぎ清めるために水が集められ、その後再び竹の杖は水を注ぐ水盤の縁に戻り、次の訪問者のために準備を整えます。

 

実際には、神社は2つの灯篭のある小さな建物です。

この聖域の周りを見渡すと、噴水、葡萄の木の丘、オリーブの木、湖の岸辺。この場所に感じられるのは、見つけにくい平和です。道路、車の騒音、建物は、断ち切られている ようですが、私たちを取り巻く実際にある環境の一部でもあります。

ここは、自然の最も親密な部分、つまり自分自身の魂の部分に触れることのできる場所です。

神社はいつでも開放されていて、自由に訪れることができます。他の宗教との間に境界はありません。      神道は従来の意味での宗教とは異なるので、他の宗教と矛盾することはありません。

神道の自然と人間との間には、すべての宗教的現れの余地があります。

 

訪問者は特別な儀式をせず、敬意をもって聖域に足を踏み入れます。

伝統作法に従う場合:手水舎で手や口を清めた後、神社の前で2回軽いお辞儀をして、 手を2回叩き、      手を合わせて祈念し、深くお辞儀します。(二礼二拍手一礼)